月刊紙「中央ジャーナル」に拉致監禁の記事が掲載

2010年8月27日

 

 8月25日発刊の月刊紙「中央ジャーナル」に、「統一教会員への拉致監禁事件続出」という見出しで拉致監禁・強制改宗を問題視する記事が掲載されました。

 

 同紙は、5月にも拉致監禁・強制改宗に関する記事を掲載。12年5ヵ月にわたって監禁された経験をもつ「全国 拉致監禁・強制被害者の会」の後藤徹代表の事例を紹介しました。今回の記事では、医師で市民団体「拉致監禁をなくす会」代表の小出浩久氏の1年8ヵ月にわたる監禁下での棄教強要について紹介。「小出や後藤ら統一教会員を狙った一連の拉致監禁による強制棄教事件にはいくつかの共通点がある」と指摘し、宮村峻氏や新津福音キリスト教会の松永堡智(やすとも)牧師の実名を挙げながら、「脱会屋や反対牧師による加担」について言及しています。

 

 記事は最後に、「また監禁されるという恐怖心に支配される」といった被害者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)が深刻な問題であると、拉致監禁被害の悲惨さに触れています。

 

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
祝福の絶対価値と神氏族的メシヤの責任完遂 回顧録「愛あればこそ」 はじめての出産・育児 祝福家庭のための侍義生活ハンドブック 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト