第29回全日本昇華祝祭が行われました

2011年6月6日

集合写真 6月5日(日)、群馬県片品村にある尾瀬霊園において、第29回全日本昇華祝祭が執り行われ、日本全国から約1800名が集まりました。

 

 快晴のもと、10時過ぎにスタートした第一部のエンターテインメントでは、千葉鮮鶴合唱団をはじめ3組のグループが美しい歌声を会場全体に響かせました。

 

 第二部の昇華祝祭では、まず全体で東日本震災犠牲者に対して黙祷を捧げました。その後、遺族代表の星野義雄さんの代表祈祷、宋榮宋総会長と梶栗会長夫妻の献花錫・全国祝福家庭総連合会総会長と梶栗玄太郎・日本統一教会会長夫妻の献花がありました。

 

 続いて戸丸廣安厚生部長が、震災後の尾瀬霊園から片品村への支援について報告。

 

 主礼の梶栗会長は説教で、原理本体論教育や氏族メシヤの勝利について言及されながら、「昇華祝祭は、メシヤと一体となることである」とこの式典の重要性を語られました。

 

 数多くの迫害や困難を克服しながら、わずか半世紀の間で飛躍的に成長してきた日本統一教会の歴史に触れた宋総会長のメッセージに続き、遺族代表の献花と、遺族を代表して横井勉愛苑会理事長が「尾瀬霊園が片品村の誇りであると言ってもらえる日が来る」と語り、今後も地域に貢献しながら、素晴らしい霊園づくりをめざすことを表明。

 

 式典終了後も会場のあちらこちらで、故人を偲びながら一緒に昼食を食べる多くの家族の姿がありました。

 

 

 前日の会場設営の様子から尾瀬霊園周辺の風景、昇華祝祭当日の遺族らの様子などは、フォトギャラリーでご覧ください。

はじめての方へ 全国の教会一覧
家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE 幸せな結婚をあなたへ YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
祝福の絶対価値と神氏族的メシヤの責任完遂 回顧録「愛あればこそ」 はじめての出産・育児 祝福家庭のための侍義生活ハンドブック 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト