第16回全国中和文化祭 東日本大会を開催

2012年11月21日

 11月18日(日)に群馬県内の会場において、「第16回全国中和文化祭東日本大会」 (主催:家庭教育局)が開催されました。地区大会を勝ち抜いた代表者らが、東日本の6つの地区を代表して競い合い、以下のような結果となりました。

 

<審査結果>

◆スピーチ部門

優 勝:第4地区 小山莉奈(新潟)

準優勝:第3地区 安西晶世(南千葉)

第三位:第5地区 金娥蘭(南東京) 

 

◆原理講義部門

優 勝:第2地区 加藤暁彬(宮城)

準優勝:第5地区 井原沙弥香(西東京)

第三位:第3地区 村田都佳(南千葉) 

 

◆エンターテイメント部門

優 勝:第5地区 南東京教区

準優勝:第6地区 東神奈川教区

第三位:第4地区 群馬教区

 

 第16 回目となる全国中和文化祭および、第4 回全国中高生原理講義大会は、中高生期の原理教育を促進し、自ら同世代の若者に訴えかける原理講義部門、自身の勝利体験などから「生きた原理」の証を伝えるスピーチ部門、内外に心情文化と神主義を発信するためのエンターテイメント部門の三部門で構成。人格形成と心情文化共同体の構築、そして神主義を発信する中で、希望の実体である成和学生となることを目的として開催されています。 

 

 今回は、文妍娥様をお迎えして、『希望の実体となろう! 成和学生』というスローガンのもと、それぞれの発表が感動的に行われました。 

 

 スピーチと講義部門では、会場に100名近い観客が集まるなか、発表者らはそれぞれ、ジェスチャーを交えながら、自信と確信に満ちた発表を行いました。なかには涙ながらに神様の心情を訴える者もいました。 

 

 エンターテイメント部門では、大ホールに約1,000名の中高生や父兄が集まるなか、オリジナリティー溢れる劇やダイナミックなダンスの発表があり、どの発表もこれまでの練習の成果が遺憾なく発揮され、会場からも大きな拍手が起こりました。 

 

 閉会式では、文妍娥様が表彰状を直接授与され、受賞者らを抱きしめ慰労する場面も。その後、文妍娥様が15分余りのメッセージの中で、感謝する生活の重要性を強調され、中高生として一生懸命に勉強する大切さなどを訴えられました。 

 

 閉会後には発表者ごとに記念撮影を行い、最後まで発表者らに声を掛け、親しく接する文妍娥様に中高生たちも大喜びで、別れを惜しんでいました。

 

 第16回全国中和文化祭 東日本大会のフォトギャラリーはこちら。

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト