第4回「Jr.STFフィリピン英語修錬会」のレポート

2013年9月6日

 7月29日から8月19日までフィリピンのパンパンガ州で、成和学生部主催による第4回「フィリピン英語修錬会」が行われ、参加した高校生の多くが貴重な経験を得ることができたようです。

 

 この修錬会は、英語を学ぶ語学院で、一日7時間の授業に参加することが基本的なスケジュール。最初は先生の英語がよく聞き取れず、意味が分かっても自分の言いたいことを上手く表現できないなどのもどかしさがありましたが、日を重ねるにつれて、徐々に英語に慣れ親しみ、英語でコミュニケーションを取れる喜びを学生たちは感じていきました。

 

 英語授業が基本の平日に対して、週末は様々な活動が組まれました。最初の週末には、孤児院やスラム街での奉仕活動を行い、現地の子供たちと一緒に遊び、歌を披露し、一緒に食事をするなどしました。特にスラム街では400名以上の子供たちが集まるなど、この活動が地域を活気づけたことが評価され、後日、その地域の長より感謝状が授与されました。日本にはない貧しく悲惨な状況に触れ、早く“人類一家族世界”の夢を果たしたいと決意するメンバーたちの姿が見受けられました。

 

 また、「IPLC」という文鮮明師ご夫妻が設立した大学を訪問する機会がありました。そこには、文師ご夫妻が定めた聖地があり、メンバーたちが“聖木”を囲みながら祈る中で、文師ご夫妻がこの地に残した愛に触れ涙する学生もいました。

 

 大学内で行われた日曜礼拝に参加した後、その大学に通う学生たちとペアを組んで伝道活動をしました。同世代の学生たち、その中には伝道されてきたばかりの若者の姿もあり、希望と確信を持ってみ言を学び実践する姿を通して、世界に拡がっている統一運動の力を近くに感じることが出来ました。学生たちは英語で一生懸命交流しながら、日本の高校生の代表として、世界平和への道を歩む決意を新たにしていきました。

 

 英語学校での卒業式では、一人ひとりが英語で短いスピーチを行い、自分の趣味や夢を語りながら、Rev. Sun Myung Moon(文鮮明師)の名前を、先生たちを前に堂々と証していくメンバーもいました。涙混じりに先生方と抱擁し別れを惜しむ姿は、まさに一つの家族のようであり、一人ひとりの内外における成長を垣間見ることが出来ました。

 

 世界に生きる若者として英語を学ぶことの重要性、そして、世界平和への道を歩む若者としての自覚と決意を強く抱くことができた修錬会となりました。

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト