二世圏を集め特別集会を開催

2013年10月16日

 天暦9月11日(陽暦10月15日)午後6時から都内のホテルで、教会の二世公職者と統一運動を担う二世のリーダーたちが集まる「特別集会」が、韓鶴子・世界平和統一家庭連合総裁をお迎えして行われ、全国から160名の二世指導者が参加しました。

 

 司会の徳野英治・統一教会会長は、「統一運動の未来を担う二世たちの中で、教会の公職者と統一運動を担う二世の指導者に対して、真のお母様(韓鶴子総裁)より激励のみ言を頂くことが本集会の目的であります」と語りました。

 

 満場の拍手の中、韓鶴子総裁が入場され、参加者を代表して調布教会成和学生部長の菊谷高司さんと思穂さん夫妻が歓迎の花束を贈呈。

 小畑守男・World CARP JAPAN会長による代表報告祈祷、来賓による祝辞の後、来賓として国内外の統一運動の多くの指導者と外部のVIPが紹介されました。

 

 

 歓迎の辞では宋龍天・全国祝福家庭総連合会総会長が登壇。韓鶴子総裁が二世・青年学生のために祈られ、様々な施策を打ち出され、将来のリーダー育成のために奔走されていることを強調し、「二世・青年のリーダーである皆さんが韓総裁と一つとなり、天の父母様(神様)のみ旨を成就してさしあげる、日本統一運動・『ビジョン2020』の主人公となってください!」と激励しました。

 

 続いて、太田洪量・世界平和連合会長の乾杯の音頭で会食がスタートし、和やかな雰囲気の中、二世教会員を中心とした器楽アンサンブルや、W-CARP JAPANスタッフ代表、鮮文大学神学部卒業生公職者有志による歌が披露され、青年らしく若々しい歌声に会場は大いに盛り上がりました。

 

 参加者を代表して、本山勝道・西広島教区西教会長と、郷佳代・CARP東京ブロック慶成学舎ホームマザーの2名が登壇し、それぞれ流暢な韓国語で、み旨の最前線で雄々しく歩んでいる証をしました。

 

 韓鶴子総裁は、「今日の2名の二世の証を聞いて、本当に未来の希望を感じました」と嬉しそうに語られ、今後の二世教会員の課題として、伝道の推進、一世と二世の一体化、そして、天一国経典『天聖経』の訓読を通じた神様に侍る生活を強調されました。

 

  また、「祝福家庭の二世・三世は日本社会の宝石です」と語られ、「世界に誇ることができる祝福二世・三世になり、世界中で愛を受ける日本の民となることを願っております」と、統一運動の未来を担う二世教会員の更なる飛躍と発展を願われました。

 

  最後に、松田幸士・世界平和青年連合会長の万歳三唱で集会は終了しました。

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト