春季Jr.STF修錬会を開催

2014年4月9日

 3月の春休み期間、「Jr.STFプログラム」において、第33・34回「Green修錬会」、第6回「Pink原理修錬会」、第21回「White学習修錬会」が開催され、全国から約700名以上の成和学生(中高生)が参加しました。

 

 「Jr.STFプログラム」では、文鮮明師の「教育とは、神に似るように子女を養育せしめることであり、子女が神に似るように導く努力である」との統一教育論に則り、「心情教育」、「規範教育」、「主管教育」を展開しています。

 

 「Green修錬会」は、選抜修錬会で参加資格を得た成和学生を対象に行われる「心情教育」のための入団修錬会です。西日本(宝塚)と東日本(千葉)の2つの会場で行われ、千葉には約260名、宝塚には約270名が参加しました。

 Green修錬会は、神様との心情的出会いと信仰生活の出発・深化を目的として、原理教育、克己訓練、特別信仰的訓練などが行われます。参加者が共にチャレンジする中で、神様の心情を実感し、兄弟姉妹関係が深くなっていく、たくさんの汗と涙が流れる修錬会となりました。

 

 「Pink原理修錬会」は、東京の会場でGreen修錬会を終えた新高校生を対象に行われ、全国から110名が参加し、統一原理の理解と理想家庭実現への決意を固めるための「規範教育」を学ぶ修錬会です。参加者は、これまで理解が困難であったり、苦手意識を持ちやすかった統一原理から、神様の心情を感じたり、将来、神様から祝福された一人の相手と結婚し理想家庭を築いていくことをイメージする期間となりました。

 

 「White学習修錬会」は、受験生となる新高校3年生を対象に茨城県土浦市の会場で開催され、全国から約90名が参加しました。「主管教育」をテーマとしたこの修錬会は、「勉強が神のみ旨である」という動機を持つためのものです。勉強に対する苦手意識や受験への不安を抱えた参加者が多く見られましたが、勉強を実践訓練として取り組むことを学びました。

 

 また、先輩の大学生による専攻別分科会や社会人の二世教会員の証を聞く時間もありました。参加者は勉強の一コマずつの時間を神様との約束として取り組み、勝利すれば嬉し涙を流し、敗北した時には悔し涙を流す姿が印象的でした。最後は、全員が受験期の決意を神様の前に誓い、力強く出発していきました。 

 

 

<参加者の感想>

◆Green修錬会

 (特別信仰的訓練では)あきらめられない気持ちと愛したい思いが強く、訪ねていく一人ひとりが神様のもとに帰っていけるように祈りながら歩むことできて、自分でも驚きの体験ばかりだった。(新高校1年生・女子)

  

◆Pink原理修錬会

 「堕落論」がこんなに心にすっと入ってきたのは初めてでした。今までにない位、神様の愛を感じました。神様が私たち人間を愛しているがゆえに感じてこられた辛い心情がとてもよく分かりました。

神様が人間の堕落行為を干渉されなかった理由は何回も聞きましたが、今までは神様が神様の位置を守るためなのではないかと思ってしまうこともありました。しかし全て人間のためにされたことだったと気付いた時、心が熱くなりました。(新高校2年生・女子)

 

◆White学習修錬会

 僕には夢がありませんでした。しかし、一つ決意したことがあります。それは、「神様のみ旨を進めること」です。

 「勉強がみ旨である」と身を持って感じました。僕だけの問題ではなく、神様もサタンも真のお父様(文鮮明師)も皆に注目されているんだなと感じました。神様はずっと見守ってくださり信じておられるから、自分は与えられた道を歩み続けようと思います。(新高校3年生・男子)

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト