第1回西日本聖歌指導者の為の1日セミナーを開催

2014年7月1日

zentai-0011 6月28日(土)岡山教会大聖殿において、伝道教育局文化部主催、第16地区共催「第1回西日本聖歌指導者の為の1日セミナー」が開催され、関西圏を中心として、中国、四国、九州地区から51名が参加しました。喜びと感動、復興と希望に満ちたセミナーになりました。

 

 このセミナーは、礼拝奏楽者や修練会の聖歌指導者、聖歌隊指導者、聖歌隊で活動されている方を対象に、より深く聖歌の内容を理解して頂き、教会の発展に繋げて頂きたいという願いの中で企画されました。これまで教会本部で5回のセミナー開催を基盤に、更に全国展開していくために西日本において初めての開催となり、新たな出発をしました。

 

 はじめに、岡山教区佐野教区長の挨拶に続き、本部伝道教育局猪熊文化部長の「聖歌隊の役割」についての講義を通して、礼拝において聖歌隊としての位置づけ、任務、聖歌讃美の内的心情の備え方などを確認しました。そして、統一教会草創期から聖歌編纂委員を努めている天野照枝先生より、成約聖歌の背景を学ぶ講義「聖歌のめぐみ」、二世の合唱指導で定評のある坂寄惠子先生からは具体的な「歌唱指導」、また、礼拝奏楽者の第一人者である渡辺真知子先生による「奏楽者の心得」の指導がありました。

 

 朝から夜までの丸一日という長い時間、たくさんの聖歌を讃美し、先生方のお話しを聞く中で、参加者は、神様と真の父母様(文鮮明師ご夫妻)の心情に触れて、よりいっそう心霊に満たされて涙する部分も数多くありました。天の父母様(神様)をお迎えし、神霊に満ち溢れたセミナーとなり、決意を新たに出発しました。

  

≪参加者の感想≫

・聖歌の深い心情に触れ、聖歌隊の役割を再確認させて頂きました。技術的向上と共にもっと精誠を捧げて内的心情を深めていきたいと思わせて頂きました。(東大阪・聖歌隊指導者・59歳女性)

・聖歌指導者は「私自身がどれほど神様を愛する実体になっているか」が重要と語られてい たことが特に印象に残りました。(香川・CARP・25歳女性)

・聖歌隊の目的、方向が分からなくなっていた今日この頃でしたが、明確となり本当に感謝です。(西大阪・聖歌隊指導者・53歳女性)

・聖歌に込められた心情や背景を具体的に深く知ることが出来てとても良かったです。祈りを捧げて心情込めた奏楽が出来るように頑張りたいです。(兵庫・奏楽者・52歳女性)

・成約聖歌の背景の深さ、重さを改めて感じました。知情意のバランスを考えて練習、讃美していきたいです。(南大阪・聖歌隊員・49歳男性)

・聖歌をたどりながら深い心情に触れ、もう一度涙し、信仰の原点に返って新しい出発が出 来たこと、それが最高の実りでした。(山口・奏楽者・61歳女性)

・試練に負けずに精誠をお捧げすることを何よりも喜びとする聖歌隊となります。(南大阪・聖歌隊指導者・61歳女性)

・聖歌隊の役割、教会と聖歌の関わり、成約聖歌はまさに統一教会の歴史に深い関わりと思いがあることを知りました。(岡山・聖歌隊員・50歳男性)

 

aisatsu2amano1iguma1sakayori1kasyo1

 

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト