「真の父母様御来日50周年記念特別集会」を開催

2015年1月29日

ご来日50周年_全体写真 文鮮明師ご夫妻が1960年に「聖婚式」を挙げられ、「真の父母」の立場で初来日されてからちょうど50周年を迎えた1月28日、教会本部礼拝堂で午前10時から「真の父母様御来日50周年記念特別集会」が行われました。

 

 はじめに天一国の歌を全体で斉唱、司会の矢野治佳・総務局長の開会宣言に続いて、田中富広・日本統一教会副会長が代表報告祈祷を捧げました。

 

ご来日50周年_徳野会長

 文鮮明師ご夫妻が1965年に来日された様子をまとめた映像が上映され、参加者が当時の文鮮明師ご夫妻の姿や声を実感した中、河西園美・渋谷教会婦人代表が、1965年2月7日に本部教会で行われた聖日礼拝で、文鮮明師が「我々は中心を求めて一つになろう」と題して語られたみ言を訓読しました。

 

 

ご来日50周年_映像視聴 続いて、登壇した徳野英治・日本統一教会会長は記念メッセージの冒頭、「真の父母様(文鮮明師ご夫妻)が初めて来日されてから50年間、無事に守られ日本統一教会が発展してきました。何よりも天の父母様(神様)と真の父母様に、50年間にわたる導きと真の愛に対して大きな拍手をしましょう」と呼び掛け、参加者一同が感謝の拍手を捧げました。

 

 

 その上で、徳野会長は「お父様(文鮮明師)が日本と初愛の因縁を結んだ」と語られたことを紹介。「その因縁を結んだのは、人として一番感受性の強い21歳ころの日本留学時代ではなかったかと想像できる」と述べました。

 

 また、徳野会長は「終戦直後、韓国人が日本の官憲を追いかけ恨みを晴らそうとする中、お父様は体を張って自らを拷問した特高警察を守り、その家族まで日本に帰国できるよう配慮された」ことに言及。文鮮明師が誰よりも日本を愛し、そして日本を祝福されたことにふれ、「この御恩は日本人として絶対に忘れてはならない」と強調しました。

 

 

ご来日50周年_億万歳② 最後に、徳野会長は「真のお母様の前に喜びと慰めを返す日本統一教会としての新しい50年を出発すべく、一つとなって、お母様(韓鶴子総裁)にご心配をかけることのない日本を作っていきましょう」と呼び掛けメッセージを締めくくりました。

 

 その後、徳野会長の祝祷、堀正一・南東京教区長のリードによる億万歳三唱と続き、全体で記念撮影をして閉会となりました。

 

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
祝福の絶対価値と神氏族的メシヤの責任完遂 回顧録「愛あればこそ」 はじめての出産・育児 祝福家庭のための侍義生活ハンドブック 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト