「久保木哲子著書『愛あればこそ』出版記念会」を開催

2015年6月25日

 「久保木哲子著書『愛あればこそ』出版記念会」が6月24日(水)、東京・渋谷の教会本部2階礼拝堂で開催されました。約100名の先輩家庭や責任者らが駆け付け、故久保木修己・日本統一教会初代会長と哲子夫人の生涯に対して、尊敬と感謝の思いを深めるひと時となりました。

 

 午後2時、鴨野守広報局長の司会で、華やいだ雰囲気の中で会がスタート。  

 田中富広・日本統一教会副会長による代表報告祈祷に続いて、徳野久江夫人が久保木夫人に花束を贈呈しました。

 

 ありし日の久保木会長が1988年5月、厚木で行われたイベントで力強くメッセージを語る映像が上映されると、会場は笑いと涙に包まれました。

 

 鴨野広報局長は発刊の経緯として、「名著として成立するためには、著者の正確な記憶力と後代に語るに足る内容という2つの要素が必要だ。この書籍はこの2つを満たしている。久保木夫人が50年前の思い出を昨日のように正確に記憶していることに驚いた」というエピソードなどを披露し、編集を担当した光言社の徳村文夫氏らがその場で紹介されました。

 

 続いて古田元男先生が乾杯の音頭をとり、参加者はケーキとコーヒーで歓談。

 久保木会長に講義したことのある周藤健先生は、「この方がいなかったら、その後この(統一)運動はどうなっただろうか。その偉大な人物を支えることができたのは、夫人の偉大な『愛あればこそ』だと思います」と祝辞を述べました。

 

 参加者を代表して桜井節子先生、井上恭子先生、太田洪量先生、横井捷子先生からは、本の感想や思い出話が披露されました。

 

 久保木夫人は「『愛あればこそ』のタイトルは、夫との愛と思われるかも知れませんが、4歳の時に母から『あなたは一度死んだんだ』と言われた自分が、80歳を過ぎて今もこうして生きている、これは神様の愛あればこそなんです。また私の両親の愛、兄弟の愛、夫の愛、舅姑の愛のおかげです」とお礼の挨拶を述べました。 

 最後に柴沼邦彦先生による億万歳四唱で閉会しました。

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト