佐賀大学への損害賠償命令に言及―米国務省報告書

2017年8月19日

米国務省は8月15日(現地時間)、世界各国の信教の自由の状況をまとめた2016年版「国際宗教の自由報告書」を発表しました。

 

日本に関する報告では、佐賀大学の男性准教授から信仰について侮蔑的な発言をされた家庭連合の信者である元女子学生とその両親が、大学と准教授に損害賠償を求めて提起した民事訴訟に言及。2016年1月に最高裁が上告を棄却し、大学側に元女子学生と両親への損害賠償を命じた福岡高裁の判決が確定したことを紹介しています。

また同報告書は、メディア報道に触れる形で、同大学が同10月3日、信仰侮辱発言と元女子学生に対するメールでの嫌がらせを理由に、男性准教授を「停職6カ月の懲戒処分にしたことを発表した」と述べています。

 

さらに同報告書は、駐日米国大使館や領事館が「宗教の自由の尊重推進に関する米政府の立場」を日本政府に伝えたと説明。宗教の自由促進の取り組みの一環として、米大使館関係者が、少数派の宗教団体などと接触を持っていることを明らかにしています。

 

米国務省は1999年から毎年、「国際宗教の自由報告書」を発表。家庭連合メンバーに対する拉致監禁問題も積極的に取り上げてきました。

 

2016年版「国際宗教の自由報告書」の日本に関する報告(英語)はこちら

 

【関連記事】

当法人信者の信仰の自由を侵害、佐賀大准教授が停職6カ月   (2016年10月11日)

女子学生に対する信仰の自由侵害で、佐賀大学の損害賠償支払いが確定     (2016年2月2日)

福岡高裁が佐賀大学に賠償命令、女子学生に対する信仰の自由・名誉感情の侵害と判断 (2015年4月20日)

佐賀大学に損害賠償命令、女子学生に対する信仰の自由を侵害 (2014年4月25日)

家庭連合公式ページ
統一教会NEWS ONLINE YouTube - UCJAPANch 世界基督教統一神霊協会(統一教会) 公式説教ブログ 統一教会平和奉仕ボランティア隊(UPeace) 統一教会公式ツイッター 真の父母様宣布文実行委員会サイト 拉致監禁特設サイトへ

お勧め書籍
祝福の絶対価値と神氏族的メシヤの責任完遂 回顧録「愛あればこそ」 はじめての出産・育児 祝福家庭のための侍義生活ハンドブック 文鮮明師自叙伝特設サイトへ


世界基督教統一神霊協会 公式サイト